スポンサード リンク

2015年01月13日

女性柔道の歴史について

 女子柔道はある意味「差別」を受けてきたというような見方がある。しかし、私は「差別」はあったが、他のスポーツと比べても、武道であることを考えても女子柔道の歴史の進化は早いものである。そしてそれは、嘉納治五郎が当時の時代の中で、いかに先進的な発想をしていたかを表すことでもあった。
 柔道はもともと柔術などの「格闘」であり、長い時代の中でその役割を担っていたのは「男」であった。もちろん「武士」も男性であったし、戦国時代に戦っていたのも男だっただろう。この様な流れを考えると、差別があったことはむしろ普通なことだと思える。また、他の多くの競技でも差別の歴史があった。人見絹枝が周りからの批判を受けながらオリンピックに出場したのが1928年であることを考えても、女性の柔道がいかに早く始まったかを知ることができる。
 これを可能にしたのは嘉納治五郎の先見性だったのではないだろうか。女性が柔道を行うことの価値にいち早く気付いた故に、当時の歴史の中では早く発展していったのだろう。もちろん先述したとおり、歴史の中で戦いは男が担ってきたこと、当時スポーツは男のものだったことを考えても「差別」が起こっていたのは疑いようのない事実だが、その中でも柔道は早く発展していったと言えるだろう。また、その要因には当時、男女差別にすでに敏感だった欧州に渡っていったということも挙げられるだろう。
posted by レポートドットコム at 22:48 | Comment(0) | スポーツ政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月08日

子どもの体力低下 原因 現状 対策

子どもの体力低下 原因 現状 対策
 現在、子供の体力低下が大きな問題として取り上げられることが多くなった。実際、子供の体力は昭和60年ごろから現在まで低下傾向が続き、体力・運動能力の調査の記録を見てもそれは明らかである(注1)。また、運動する子供としない子供の二極化の傾向も指摘されている。体力低下による問題を顕著に表わしたものとして、「背筋力」の低下があげられるだろう。1960年代を100%とした時1990年代は80%にまで低下している。これにより、難産を引き起こすなどの例もあるようだ。また、姿勢が悪くなり集中力を欠くことや、電車で立っていられないなどの問題も発生している。この「背筋力」は、外で遊ぶことにより、確実に身に付くものであり、子供の外遊びの時間が減少していることは、明確である。では、子供の外遊びの時間を増やし、子供の体力低下を喰い止めるには、どのようなことが必要だろうか。
 私は、子供の外遊で遊ぶ時間が減少している原因として、遊び場の減少とTVゲームの普及があげられると考える。昔に比べ、外で安全に遊べる場所が減り、外で遊んでいた時間を家のなかで過ごすようになった(注2)。親が、子供を外で遊ばせないのは、ひとりで家を飛び出して遊ばせるのには今の世の中は危険すぎるというのが原因の一つである。また、ある程度大きくなるまでは、公園でさえ危険と感じる親もいるようだ。そして、親は、手のかからないTVゲームを子供に与え、子供は家の中でひたすらそれをやり続ける。一方、体力面において優れている子供も、純粋な外遊びで鍛えられたものではなく、スポーツ少年団などの影響が強いと考えられる。スポーツ少年団に入り、体力を向上させること自体悪いことではないが、このことからも、体力のない子供の底上げには「外遊びの場所」をどのように確保するかが重要である。
 今、身体をぶつけ合って競い合え、思いっきり走り回れる、安全かつ気軽な「昔の遊び場のミニュチア」のような場所が必要である。私は、そのためには、学校の開放が重要であると考える。その理由として、広い校庭、木のぼりのできる木、遊具、プールなど、学校には様々な設備がある。私は、小学生の時は、友達と一緒に放課後、校庭で遅くまで遊んで帰るのが日課だった。放課後ならば、子供も集まりやすく、外遊びを行いやすい。また公園などよりも、安全面を確保しやすいともいえるだろう。このような遊び場を、放課後のみならず、休日や、夏休みなども行うのが良いだろう。夏休みには、プールを開放し、使用するなどの案も考えられる。それには、安全管理、責任などの面で地域、社会の協力も必要となるだろう。またTVゲームは「ゲーム脳」という言葉に代表されるように、子供に何らかの悪影響を与えているのは、明白である。今、煙草には、宣伝の規制があり、またパッケージに啓発表示が義務付けられるなどの措置が取られている。TVゲームも煙草と同じように防止措置が取られるべきである。
 現在体力の低下が、電車で立っていられない、難産の原因になっている。もはや体力の低下の問題は、社会全体の問題になってきているのだ。この問題を解決するには、親、学校はもちろん地域、社会の協力も必要である。
posted by レポートドットコム at 00:00 | Comment(0) | スポーツ政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月05日

高齢者スポーツの意義あり方 プログラム作りの注意点

高齢者のスポーツは注目を集めますね。高齢者スポーツ論でのレポートです。参考にしてみてください。

「高齢者にとって意義のある運動プログラム作りとそのあり方」
 人間は,時間の流れに合わせて,年齢を重ねていく。一般的に年齢と聞いたら,個人が生きてきた時間の長さを表す,「歴年齢」をイメージするだろう。しかし,歴年齢は,同一年齢の個人間にみられる身体機能の差を説明できないという側面がある。それらを表すために,「生物学的年齢」というものがあげられる。生物学的年齢の例としては,脳年齢,血管年齢,体力年齢などがある。構造的なものにせよ,機能的なものにせよ,時間を重ねるにつれて常に変化し続けているが,その速度を緩めたり,できる限り維持したり,もしくは向上させることも可能である。その方法の一つとして,「運動」があげられる。運動(身体活動)をすると,生物学的にも,心理学的にも,社会学的にも有益な効果があるとされている。しかし,逆に怪我や事故,疲労などのデメリットも存在する。そこで,そのデメリットを0に近づけメリットを大きくするためにはどのような内容の運動プログラムを作成していけばよいかについてまとめていきたい。
 まず,高齢者の運動プログラムを考える上での注意点は,高齢者特有の問題を理解しておくことだ。高齢者の特長として,介助者としての負担というものがある。実に介助者の80%以上が高齢者でその90%が女性となっている。次に,高齢者は抑鬱などの加齢に伴う心理的な問題を引き起こしやすい。さらに加齢により,知能と学習能力が低下しやすくなる。また,長い人生経験が,物事の考え方に影響を与えている場合が多い。そして,加齢に伴う身体の変化によって,運動意欲が低下するということもある。
これらのような特徴を持つ高齢者を動かすにはどのような,運動様式,頻度,時間,強度で行えばよいだろうか。まず,運動様式は,一般的に個人の好みによって選択されるべきものであるが,継続できる種目がよい。運動は継続することにより,効果が表れるものなので,単発で終わりやすい種目は,極力避けるべきである。次に運動頻度は効果を得るためには週2〜3回の頻度が必要とされている。これ以上の頻度で行っても問題なければ,行ってもよいのだが,休養をしっかり取り,無理をしないことも大切である。次に運動時間だが,多くの推奨されるプログラムは45〜60分で構成されている。そして,運動強度は自分自身の活動レベルを高めることを考え設定されるべきである。運動の頻度,時間,そして強度は,個人の運動習慣や体力によって,調節されるべきだろう。
 高齢者は,これまで記述してきたように,多様なニーズを持っているが,これに応えるためには,どうしたらよいだろうか。まず,個人の好き嫌いや取り組み,行動の特長を考慮することが必要である。次に,リスクや効果には個人差があり,またそれらは単純ではないことを説明するべきだ。それに伴い,メディカルチェックやヒアリングにより運動強度を決定していく。そして,個人個人,体の状態は違うので,個々にあわせたプログラムを作成することが大切で,それらのプログラムの運動効果をモニターすることは,指導する側とされる側双方にとって重要なことである。また,指導にしたがって,運動を続ける気になるように,運動プログラム参加者を動機づけるべきである。さらに,必要に応じて,栄養士やカウンセリングの専門家に助言を求めることも心掛けると良い。
 また,運動プログラムは楽しい方が良いことは言うまでもないだろう。運動プログラムを楽しくさせる方法には,ユーモアを上手に活用する,参加者の好みの音楽を使用する,運動メニューの順番を変更するなどがある。まず,ユーモアはやる気を起こし,独創性を高め,ストレスを減少させる働きがあるといわれているが,他人をけなすような発言はされるべきではない。そして,音楽は運動プログラムを面白くさせる方法である。また音楽により,リラックスしたり,リズムをつかんだりすることも可能である。音楽使用時は,音量を小さめに設定し,音楽のテンポを参加者の運動能力にあわせ,参加者が一番心地の良いものを使用する。例えば,はやりの音楽を使うのではなく,参加者が若いころにはやった曲を使うなどもひとつのアイディアである。そして,運動メニューの順番を変更することで,参加者の飽きが来るのを防ぎ,リフレッシュして参加してもらえるようになる。しかし,それらにも増して,指導者自身の創造力と仕事に対する情熱を持つということが,もっとも大切である。
 高齢者を対象とした運動プログラムの作成には,まず適切な評価方法が必要とされている。高齢者の機能レベルを決定することによって,ニーズを理解し,それによってプログラムの内容も変える必要がある。身体的依存者には,身体機能の維持身体機能維持に役立つ動作は,身の回りのことを,自ら行う上で重要である,手指の筋肉,敏捷性,腕力,肩や腰背部の可動域,脚力などに集中して活動させる。具体的には,BADLに対応した,椅子移動や,1対1の水中運動などがある。そして,身体的虚弱者には,筋力,持久力,柔軟性,関節可動域,バランス,調整力が必要であり,身体的自立者には自立を維持,向上させるプログラム,身体的高体力者や身体的エリートには,彼らに適した,強度を選択していく必要がある。また,強度を適切に管理することで,事故防止にもつながる。また,プログラム中では,目的や目標を明確にし,社会的な雰囲気を大切に行うと良い。
 ここまで記してきたように,実際に高齢者は体力に大きな個人差があり,「全ての高齢者を1つにまとめる」プログラムの提案は的を射ておらず,これがベストという統一したトレーニング方法はない。それに最も近づくためには,参加者を分析し,参加者の目標に見合っているもので,継続して行えるものであるひつようがある。
posted by レポートドットコム at 00:03 | Comment(0) | スポーツ政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月04日

高齢者スポーツ 意義・効果を増すてめの指導上注意点

高齢者スポーツの意義は多義的で効果も多く考えられる。それらをまし、かつ安全性を保つための指導上の留意点を・注意点について述べた。


「高齢者にスポーツを指導する上での注意すべき点を運動前,運動中,運動後に分けて説明せよ」
 授業で取り上げたトランスセオレティカルモデルのように,運動を行っていない非関心期〜行動変化から6カ月以上の維持期まで分類することができる。そして,各ステージにより有効的な戦略例がある。また高齢者にスポーツを指導する上で,運動前,運動中,運動後にそれぞれ注意すべきことがある。以下それを記していきたい。
 まず,運動前は,第一に,参加者の現状やニーズを把握し,目標を設定することが大切である。高齢者は体力に大きな個人差があり,体力のレベルに多自他運動プログラムの作成をする必要がある。言い変えるなら,まずは各参加者の機能レベルを決定し,それに即し,プログラムを決めていくのである。また自己効力感や趣味,関節可動域レベルと身体的な限界,時間的問題を分析し,個人に適したプログラムを作成していく。そして,目標を設定することは大変重要なことである。まず,参加者の長期目標を明確にする。次に,長期目標達成のための短期目標を立てる。これは,長期目標のみだとモチベーションの維持が困難であるからである。その目標はコントロール可能な「運動の習慣づけ」をして,運動習慣が身についてから,身体的変化などを目標にしていく。そして,それらの目標は,目標を達成したかわかりやすいものである方が良い。また,指導者は,参加者が不安にならないように無理なことをさせず,彼らのペースにあわせて,プログラムが進むことを伝える。さらに,若者に比べ怪我に対して敏感で,指導者が安全性を説明しても,不安を感じやすい。そのため,心理的に安全だと感じられる環境づくりも重要である。それに関連することとして,実施時間の設定が挙げられる。夏は,日中の運動は避けるべきで,朝まだ涼しい時間に行うのが良い。また,この場合も水分と糖分の摂取をするように指導すべきである。冬は,暖かい日中に汗の管理がしやすい服装を着て行うように指導する必要がある。それから,運動には楽しみや,生きがい,健康などのメリットに加え,事故や怪我,疲労などのデメリットも存在するが,それらを,できるだけなくすためにも参加者の身体機能のチェックや,問診,血圧などのメディカルチェックを行うべきである。
 次に,運動中だが,まず指導者は,常にわかりやすい指導を目指し,質問時間を十分に与え,成果が見られたら,ポジティブなフィードバックを惜しまないことが大切である。ポジティブなフィードバックによって行動が正しいことを伝えることになる。また,行動が間違っていれば,ネガティブフィードバックを行う必要があるが,その直後には修正フィードバックを行なわなければいけない。これらは,行動変容に役立ち,わかりやすく明確で,タイムリーに行う必要がある。次に,安全管理の観点から,種目,強度,環境をチェックしていかなければならない。さらに高齢者は腎機能が40〜50%に低下しているといわれ,保水力が低下し,脱水症状を起こしやすい。そのため,積極的に水分補給を定期的に行う必要がある。また,高齢者に対する,筋トレを行う時は,息こらえをさせないようにする。息こらえすることにより,急激に血圧が上昇するという,バルサルバ現象が起こるからである。そのため,強度を低強度に設定したり,呼吸をしながら行わせるために,数を数えながら行ったりするなどの方法をとるとよい。さらに,運動中の高齢者とのコミュニケーションの仕方は,注意が必要である。質問をしっかり,最後まで聞いたり,言葉遣いに気を使ったり,声の大きさや話すペースに気を使ったり,高齢者にあわせたコミュニケーションの取り方を考える必要がある。
 そして,運動の最後には何を学んできたかを復習する。そして,参加してくれたことに対して,例を言い,次回の参加を期待していることを伝える。そして,人間関係をより良くするために,参加者のことを良く見て,知り,ほめることが大切である。また,先述したように,参加者へフィードバックを行う。そして,運動をする気になって,始めた人たちを運動継続するように,動機づけをすることは,非常に重要な問題である。また,参加者の目標に関わるので記録しっかりととり,達成感を味わうことができたかをチェックする。
さらには,健康の維持増進のためには,運動だけではなく,栄養や休養も大切な要素なので,それらについても,指導をし,行うようにする。
 これまで,高齢者にスポーツを指導する上での注意すべき点を運動前,運動中,運動後に分けて説明してきた。高齢者は,一人一人の身体的な能力も違い,その個人差が大きいといった特徴がある。高齢者を指導する際は,その部分に注意を払い,一人一人に応じた,指導を行い,安全に留意し,常に柔軟な態度で,人間関係を構築すべきである。
 
posted by レポートドットコム at 23:52 | Comment(0) | スポーツ政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子どもの体力低下原因とその対策 レポート例

子どもの体力低下とその原因にていてその対策を述べたレポートです。
レポートにしては短いものですが、基本の骨子がしっかりしたレポートだと思います。
実際にこのレポートを参考にするときにはデータなどを加え肉付けするといいかと思います

子どもの体力低下原因とその対策 レポート例
私はこのレポートについて、「運動する場所」という観点で述べていく。
 今、日本の子供の体力低下が大きな問題とされている。体力低下により、難産が発生しやすくなることや、病気になりやすい体になることなどが引き起こされる。子供の体力の低下の大きな原因は複合的だが、遊び場の減少と大きくかかわっていると言われている。子供は安全に遊べる場所が少ない。
 私は、学校の敷地を子供に開放したり、体育館などの施設を使い体育教室を開いたり、などの対策がひつようであると考える。学校はセキュリティーをかけやすく、また遊具や森林など様々なものがある。地域が協力し、学校の施設をうまく利用したシステムを構築できれば、地域の子供の遊び場となり、有益なものになるだろう。
 学校はどの時代でも子どもが集まりやすい場所である。放課後、休日等に、子どもが学校で、自由にかつ安全に遊べるシステムを行政と学校が協力して遊べる学校という「場」を作っていくことが大切である。
posted by レポートドットコム at 23:44 | Comment(0) | スポーツ政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。