スポンサード リンク

2015年01月13日

勝利至上主義の柔道と体罰について 

 本書では「勝利至上主義」が体罰の温床になっていると帰結している。そして、柔道中での体罰について言及している。私は、「勝利至上主義」に体罰の原因を帰結させることには少し違和感を覚えた。私は武道経験者ではないのでわからない部分も多いのだが、武道は戦うものなので体罰が生まれやすい場所なのかもしれない。ただ、体罰はどの競技でも起こっている。そして、何より「勝利至上主義」であっても体罰の存在しない世界は世界を見渡せば、いくらでも存在する。体罰の問題の根底に存在するものは、柔道に対するとらえ方、スポーツに対するとらえ方の問題である。これは武道のみの問題ではなく、日本のスポーツ界全体が、「スポーツとは何か」を見直さなければいけないものである



スポンサード リンク



posted by レポートドットコム at 22:52 | Comment(0) | 武道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。