スポンサード リンク

2015年01月08日

子どもの体力低下 原因 現状 対策

子どもの体力低下 原因 現状 対策
 現在、子供の体力低下が大きな問題として取り上げられることが多くなった。実際、子供の体力は昭和60年ごろから現在まで低下傾向が続き、体力・運動能力の調査の記録を見てもそれは明らかである(注1)。また、運動する子供としない子供の二極化の傾向も指摘されている。体力低下による問題を顕著に表わしたものとして、「背筋力」の低下があげられるだろう。1960年代を100%とした時1990年代は80%にまで低下している。これにより、難産を引き起こすなどの例もあるようだ。また、姿勢が悪くなり集中力を欠くことや、電車で立っていられないなどの問題も発生している。この「背筋力」は、外で遊ぶことにより、確実に身に付くものであり、子供の外遊びの時間が減少していることは、明確である。では、子供の外遊びの時間を増やし、子供の体力低下を喰い止めるには、どのようなことが必要だろうか。
 私は、子供の外遊で遊ぶ時間が減少している原因として、遊び場の減少とTVゲームの普及があげられると考える。昔に比べ、外で安全に遊べる場所が減り、外で遊んでいた時間を家のなかで過ごすようになった(注2)。親が、子供を外で遊ばせないのは、ひとりで家を飛び出して遊ばせるのには今の世の中は危険すぎるというのが原因の一つである。また、ある程度大きくなるまでは、公園でさえ危険と感じる親もいるようだ。そして、親は、手のかからないTVゲームを子供に与え、子供は家の中でひたすらそれをやり続ける。一方、体力面において優れている子供も、純粋な外遊びで鍛えられたものではなく、スポーツ少年団などの影響が強いと考えられる。スポーツ少年団に入り、体力を向上させること自体悪いことではないが、このことからも、体力のない子供の底上げには「外遊びの場所」をどのように確保するかが重要である。
 今、身体をぶつけ合って競い合え、思いっきり走り回れる、安全かつ気軽な「昔の遊び場のミニュチア」のような場所が必要である。私は、そのためには、学校の開放が重要であると考える。その理由として、広い校庭、木のぼりのできる木、遊具、プールなど、学校には様々な設備がある。私は、小学生の時は、友達と一緒に放課後、校庭で遅くまで遊んで帰るのが日課だった。放課後ならば、子供も集まりやすく、外遊びを行いやすい。また公園などよりも、安全面を確保しやすいともいえるだろう。このような遊び場を、放課後のみならず、休日や、夏休みなども行うのが良いだろう。夏休みには、プールを開放し、使用するなどの案も考えられる。それには、安全管理、責任などの面で地域、社会の協力も必要となるだろう。またTVゲームは「ゲーム脳」という言葉に代表されるように、子供に何らかの悪影響を与えているのは、明白である。今、煙草には、宣伝の規制があり、またパッケージに啓発表示が義務付けられるなどの措置が取られている。TVゲームも煙草と同じように防止措置が取られるべきである。
 現在体力の低下が、電車で立っていられない、難産の原因になっている。もはや体力の低下の問題は、社会全体の問題になってきているのだ。この問題を解決するには、親、学校はもちろん地域、社会の協力も必要である。



スポンサード リンク



posted by レポートドットコム at 00:00 | Comment(0) | スポーツ政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。